手の甲のピーリング

こんにちは、トシ子です。

手の若々しさが失われていることに気づいたが時すでに遅し、紫外線ダメージがたくさん蓄積していた・・・ということもありますよね。

先日、ルミナピールというピーリングの商品を見つけました。手の甲に使うピーリングで、ポロポロと古い角質を取り除くと、手が明るくなるというものです。

今自分の手をまじまじと見てみると、あまり目立ちませんが小さなシミのようなものがありました・・・(泣)。ということで、これを注文してポロポロピーリングをしてみようと思います♪なんと、モンドセレクション銀賞を受賞しているそうですよ!

どうしてピーリングをすると手が明るくなるかというと、ピーリングによってメラニンが含まれている古い角質を取り除くことができるからです。あんまりやりすぎても良くなさそうですが、ターンオーバーが滞っていて角質が古く硬くなってしまっている人にはもってこいの商品ですよね。手のピーリングってちょっと珍しいかも♪

トウキ根やソメイヨシノのエキスも配合されていて、保湿によって肌に透明感を与えてくれる効果もあるそうです。ポロポロ削るだけじゃないんですね。

ハンドケアとしては、そもそもメラニンが生まれないように紫外線対策をしっかりするのが大事ですが、つい紫外線を浴びてしまってメラニンが発生していて、更にターンオーバーが滞っているような人は、このルミナピールの力を借りてみるのもアリだと思います!

紫外線はシミやシワの原因になるので、本当にやっかいな存在ですね・・・。

ハンドケアに有効な成分

こんにちは、トシ子です。

ハンドケアのためにハンドクリームを選ぼうと思っているのですが、調べてみるとハンドケアに有効とされる成分って結構あるんですよね。

代表的なものとしてはまず尿素でしょうか。尿素クリームみたいなものってよく聞きますよね。尿素は基本的にゴワつきとかカサカサに効果があると言われていて、保湿効果だけでなく、タンパク質を分解することによって肌を柔らかくする効果も期待できるのです。

あと有名なヒアルロン酸が入っているクリームもたくさんありますよね。この成分は保湿力が優れているので、乾燥してしまっている手にはぜひ使ってあげたい成分です。手の話からは逸れますが、ヒアルロン酸は注射するとものすごく効果が高いらしいです・・・。

他にも、たまに聞くものとしてコエンザイムQ10が挙げられるでしょうか。抗酸化作用がある成分なので、エイジングケアに効果があると期待されているようです。思いっきり「Q10」って書いてあるハンドクリーム、見たことある人も多いんじゃないでしょうか?

成分の種類がいっぱいあって迷ってしまいますが、基本的には保湿ができれば良いんですかね(笑)。

手の潤いをなくしてしまうことをしなければ、保湿はそれなりでも良いのかなって気はしています。紫外線を浴び続けてしまったり、刺激の強い洗剤で洗いものをしてしまったり、手は毎日ダメージにさらされていますからね。まずはそういうダメージを抑えていくところから始めるべきなのかもしれません。

手のスキンケアは超重要

こんにちは、トシ子です。美容関係のブログを本日より開始します。ちなみに年齢は30代です・・・でも見た目は20代です♪

フェイスエステの常連で、自分でも水素水飲んだりとか色々やってます。肌のハリや、髪の潤いは自信があるのですが、最近なんだか手の甲が老けたな~って思うんです(汗)。

急に気温が上がってきましたもんね。季節の変わり目はお肌も崩れがち!でも今回は手の甲の荒れや、カサカサが酷いんです。

このままでは手にシワができてしまいます!!でも、そうはいきませんよ♪ハンドクリームも試したい商品がたくさんあります。とりあえず、すぐにできる対策などしながら、手の老化について考えてみましょう。

実は体の中で、最も最初に老化現象が現れるのは手の甲なんです。ほとんどの方(私もですが)は、顔に目が行きがちなので、手の甲の老化はスルーしてしまうもの。実は結構前から危険なサインが出てたりします(汗)

さて、なぜ手が早く老化してしまうのか!といいますと、手の皮膚って、真皮層が顔や首よりも薄いため、乾燥しやすい為にシワがよりできやすいのです。

さらにそれだけではないです!手はもっともダメージを受けやすい箇所でもあります。洗い物による寒暖差や、洗いっぱなしで手を拭かなかったり・・・あるあるですよね。

それに紫外線だって一番よく当たってます。雨の日も紫外線はきていることは有名になってきました。傘を持った時だって、手の甲はバッチリ太陽の方で向いてます(笑)

そんなことに気を付けつつ、美容クリームなど、モノを使ったケアも抜かりなく行っていきたいです。